『LEGO』が大好きというI様ご夫妻が
新しいお住まいとして選ばれた弊社の「Sweet CUBE」は、
お気に入りの雑貨やインテリアで自由にデコレーションできるよう
無駄を省いて質を高めた、シンプルな白い箱の家。
まさに"LEGO"のように、好きなものを積み重ねて、
自分達の空間を作り上げていく感じが楽しい…とご満足いただいている様子。
“心地よい”という表現にも使われる“Sweet”なお家で、
甘く幸せで、心地よい毎日をお過ごしでした。


エルテオ 長廻

弊社の「Sweet CUBE」に住まわれて約3年。お伺いするたびに家の雰囲気が変わっていて感動しています。確か先日お伺いしたとき、リビングのソファはグリーンでしたよね。今日はまた全くイメージが違うので驚きました。

I様(奥様)

ソファカバーを変えたんですよ(笑)。季節ごとにファブリックをチェンジしたり、雑貨を買い足したりして、いろいろと楽しんでいます。2人とも雑貨屋さん巡りが好きなので、機能美あふれるアイテムを探すのが日課になりました。

I様(ご主人)
坂本龍一氏が設立し、森林保護活動をするmore treesの鳩時計など、雑貨を主役として部屋に飾るには、白い壁や樺桜の無垢フローリングがちょうどいい感じです。

長廻

2階に飾られたお二人の力作、"LEGO"も素晴らしいですね。

長廻

間取り等、仕様が決まっている「Sweet CUBE」ですが、実際に住まわれてのご感想はいかがでしょうか。

I様(奥様)

モデルルームや展示会などで色々探している最中に出会った「Sweet CUBE」は、自分たちの理想とする家でした。予算的にもちょうどいい。マイホームって決めることが多くて、すごく大変なイメージがあったのですが、「Sweet CUBE」は企画された形が決まっている住宅なので間取りやデザインを迷うこともなく、打合せも楽しくスムーズに進めることができました。

I様(奥様)

素材や工法など、とてもこだわって家づくりをされているし、何より理想通りの間取りでしたからね。1階はワンフロアスタイルで、できる限り広く見えるように吹き抜け空間があるといいなと。

長廻

“とりあえず”の和室はやめてその分、リビングスペースに…、ご家族が集うLDKは20畳と広々、光と風の通りがいいように南向けに大開口のサッシを設けた間取りになっています。「Sweet CUBE」はシンプルでナチュラル、小さくても上質というのがコンセプト。小さいからダメというのではなく「無駄を省いて質を高める」「自分にとって必要なものを見極める」という意味を込め、必要なものをよく吟味し、「心地よく」「楽しく」暮らすための空間を実現しています。

I様(奥様)

無駄を省くと言っても二人とも優柔不断で(笑)、アレがいいかな、いやコレもいいよな…と迷い始めるとキリがないんです。だから一から設計の注文住宅となると、とてつもなく時間がかかるはず。「Sweet CUBE」を今、手に入れておかなければ、次はないなと思いました。あの決断は間違っていなかったと心から感じています。


長廻

「Sweet CUBE」を初めてご覧になられたときは、どう思われましたか?

I様(ご主人)

僕は白いスイス製漆喰カルクウォールに衝撃を受けました。無垢の木や漆喰を使った家は他社にもありましたが、カルクウォールが持つ雰囲気はまるで違いました。

長廻

漆喰の中でも特別なスイスの地層から産出した天然成分100%のスイス漆喰「カルクウォール」は、その透明感のある美しい白さが特徴です。自然の持つ力の酸化還元作用で汚れを分解し、汚れが付きにくく、また除菌・消臭効果や調湿効果もあることから外壁はもちろん、内壁にも使われているんですよ。

I様(ご主人)

住み始めて感動したことの一つに、部屋の中に匂いが残らないことがあります。例えば、鍋などをしても翌朝、まったく臭わない。リビングダイニングに対してオープンなキッチンなので、このカルクウォールの消臭効果はとても助かります。

I様(奥様)

子供がゼリーを部屋中にまき散らしたことがあって、白い壁に真っ赤なゼリーの跡が。そんなシミもサンドペーパーで軽く磨くだけで元通り、手あかなどは消しゴムで消えますし、小さな子供を持つ親としては大助かりです。

長廻

漆喰の中でも特別なスイスの地層から産出した天然成分100%のスイス漆喰「カルクウォール」は、その透明感門のカルクウォールはご主人が塗り替えられたそうですね。驚くほどキレイになっていてびっくりしました。

I様(ご主人)

自分で手を入れて、家を愛しむ作業を楽しんでいます。庭の芝を植えたり、バルコニーにウッドパネルを敷き詰めたり。シンプルな空間からスタートしたので、時間をかけながら、さまざまな夢を実現していけることが嬉しいですね。

I様(奥様)

間取りの便利さも日々実感しています。洗面所と浴室の脱衣所がわかれているので、いつでも気兼ねなく使えますし、洗濯ものが多い子育て家族には、外からの視線を気にせず、洗濯物を干せるインナーバルコニーも有難いですね。あと個人的には洗面所の見せる収納も気に入っています。いつもきちんと整理する習慣がつくし、タオルのカラーや柄をいろいろ考えるのも楽しいです。

I様(ご主人)

すべてを壁で仕切ってしまわず、風通りがいいようにベランダから洗面所、キッチンと風が通るのも気持ちいいですよ。さすがプロの方の設計された家だと感動することが多い。とてもよく考えられて作られていると思いますね。

I様(奥様)

最近のシンプルナチュラル系のデザイナーズ住宅で、よくカフェのようなおうちというキャッチコピーがついていますよね。実は私たちは街のカフェが苦手なんです。気分が落ち着かず珈琲を一気飲みして、出てしまう(笑)。そんな2人だからこそ、自分たちがゆったりできるカフェのような住まいに憧れていたのかもしれないですね。エルテオさんの住宅も見方によればカフェのようですが意味が違う。見た目だけじゃなくて、おうちカフェのように本当にココロからくつろげるのが素晴らしいと思います。

I様(ご主人)

僕は家族が過ごす時間の一番長い部屋の居心地を一番に考えていましたので、見た目の良さはもちろん、機能的にも本当にいい家に出会えてよかったと思います。一からの注文住宅でなくても建築デザイナーさんの創造性と施工力がしっかりしていれば、高いデザイン性と快適機能の両立は可能になるのだと。暮らすほどに満足が深まっていく、自慢の家です。


流行りのものに飛びつくのではなく、出来るだけシンプルなものからスタートし、自分たちの好きなもので家を彩っていくのが、永く快適に心地よく暮らすことができる家だと思います。装飾やデザインの凝ったものは飽きるのが早いし、歳や家族構成などで、好みも変わることがあるからです。
あとは面積をめいっぱい活用することだけを考えるのではなく、無駄と思える余裕のスペースもとっておくこと。例えば、うちの家ならば、吹き抜けの空間であったり、階段であったり、普通なら階段下に収納スペースを作ってという方が便利なのかもしれませんが、暮らしてみると、この抜けの空間がとても贅沢な気分にしてくれる。無駄と思えるスペースも、実は気持ちにとっては無駄になっていないこともある。+アルファの発想で空間の有効性を考えてみられることをオススメします。

「Sweet CUBE」のコンセプトである「小さくても上質に」無駄を省いて自然素材のもつ本来の上質の良さを暮らしの中で楽しんでほしいという思いから誕生した「Sweet CUBE」!!まさしく私達が思い描いたイメージ以上に自分らしく暮らしを楽しまれ、又大切に育てていただいていました。本当にありがとうございます。
家を建てるという事は相当な時間と労力がかかります。まずどこの会社にするのか?どんな間取りにするのか?仕様は?など・・・。又人生最大の大きな買い物であり、決断されるのも大変な事だと思います。それだけ大変な思いをされ、手に入れられたマイホーム!お住まいになられてからもI様ご家族のように自分達で手を加え、暮らしを自分らしく楽しみ永く愛され続ける住まい造りを目指していきたいです。
最後に約3年前I様、購入を決断される時すごく悩まれましたよね!!でもあの時どうしてもI様ご夫婦に「Sweet CUBEに住んでもらいたい」ただただその思いをお伝えした事を今でも鮮明に覚えています。なぜなら・・・I様ご夫婦があまりにも私たちがイメージしていたご夫婦像にピッタリだったからです。
やっぱり決断は正しかったですよね(笑)
本当にありがとうございました。そしてこれからもどうぞ宜しくお願いいたします。



兵庫県姫路市 I様


ご主人 / 奥様 / ご長男2歳