スイス製漆喰「カルクウォール」の壁に、無垢フローリング…、 自然の温もりを感じられる「ナチュラルスタイル」の家が理想と語るH様は、 ご主人と奥様、かわいいお嬢さまの3人家族で、1ヶ月ほど前に入居されたばかりです。
ピカピカの新居にあわせ、インテリアやカーテン、照明、ニッチに至るまで、 すべてトータルコーディネイト、雑誌に登場する、皆の憧れのおうちのようです。
アクティブな奥様は理想のマイホームを実現するために本を読んだり、ネットで調べたり、 お手製のスクラップブックを拝見すると、その情報収集力に改めて感動します。 「理想の家に住めて最高にシアワセ」と笑顔いっぱいの奥様にお話を伺いました。 




エルテオ 清水

お住まいになられて数ヶ月ですが、すっかりH様のカラ―になっていますね。スイッチカバーや小窓のカフェカーテン、ベランダのベンチなど、本当に手作り?と驚くほどプロ仕様で、見事におうちにマッチしていますね。

H様(奥様)

ありがとうございます。家が出来るときからワクワクしていたのですが、出来上がった時の嬉しさは計り知れないですね。大阪・グランフロントやハーバーランドの住まいのショールーム、岡山の「アクシス」で購入した、お気に入りのインテリアや雑貨を少しずつプラスして、飾っていくことが本当に楽しいです。

清水

マイホームをお考えになられた2年前の当初からナチュラルスタイルのおうちが理想だったそうですね。

H様(奥様)

はい、漆喰の壁や無垢材を多用した家のイメージを思い描いていたので、そのテイストが得意な会社を探していました。エルテオさんは「ナチュラルハウスの家」という雑誌に紹介されていたので、ホームページをチェック、【大人かわいい+】のモデルハウスへ足を運び、いいなぁと。じつは同時進行で別の住宅メーカーさんも検討中だったのですが、御社の営業担当の長廻さんがすぐにご連絡をくださって、具体的な回答を返してくれ、フォローがしっかりしているという印象を受けました。

清水

ありがとうございます。最終的なご判断はご主人様が出されたと伺っています。

H様(奥様)

一生に一度の家を建てるのだから、一番対応力が高く、お互いに信頼関係を築ける住宅メーカーさんにお願いしたいと考えたようです。また仕事柄、現場に出向くことが多い主人なので、いつでもどの現場も綺麗に整理整頓されているというエルテオさんの姿勢にも共感したようです。

 

清水

家のデザインに加え、提案型のプランやスタッフの対応で、エルテオにしようと決めていただいたと伺い、社員一同感動しています。

H様(奥様)

私も主人にも、ナチュラルスタイルの家というイメージのほか、細かいところまで具体的なプランがあったわけではなかったので、部屋の数や駐車台数、お布団を干せるバルコニー…など、希望する条件を伝えて、両社にまずは一度プランを起こしてもらいました。もう一つの会社のプランは希望条件通りで、さすが!と思ったのですが、多少リクエストと異なっているエルテオさんのプランの方が実はお話を聞いてみると、実によく考えてくださっていることがわかり、余計に感激したんです。

清水

間取りについては、キッチンから家事室・キッチンから洗面と家事動線を重視、LDKを中心とした使い勝手の良い間取りを提案させていただきました。キッチンから全て見渡せるレイアウトで、お子様の遊ぶ様子がどこにいてもよく見えるのが特徴です。

H様(奥様)

以前、住んでいた家が壁付きのキッチンで、会話するのにいちいち振り返らなければいけなかったので、顔を上げると家族の様子が一目でわかる、対面キッチンは絶対条件でした。キッチンを中心にパントリー、水廻りとバランスよく配置し、家事動線が優れていることは、暮らしてみてすぐに実感しました。シューズインクロゼットやお部屋の収納はもちろん、タオル類を仕舞っておける洗面所のリネン収納、洗濯機横の洗剤がぴたりとおさまる棚など、収納スペースもしっかり作ってもらったので、とても快適に暮らすことができます。

清水

例えば、キッチンを華やかにする高級タイルを貼ってと考えておられても、実際にはモノを置かれてタイルは見えなかったり、脂がこびりついて掃除しにくかったりということもありますから。実際に住まわれた場面をしっかり想像して、ご提案するのが弊社のモットー。やりたいことを全て実現してしまうと逆に使い勝手が悪くなってしまう場合もあります。「永く愛される家」を目指し、素材、デザイン、設備、住まわれる家族らしさを追求した家作りを行っています。

H様(奥様)

確かに、住んでからのことも長い目で、しっかり考えないといけないですよね。最後までどうしようか迷っていた1階のリビング続きの和室は、床を一段高く設定したことで、リビング横ながら、非日常的な雰囲気が楽しめる空間となりました。また高さをつけたことで、そのままイス代わりに活用できるのも住んでみて初めてわかったことです(笑)。


清水

最初のプランができ上がってきてからが打ち合わせ本番、家づくりは奥様がリーダーシップを発揮されました。奥様がしっかりしたお考えをお持ちでしたので、ぶれる事なく、打ち合わせは驚くほどスピーディーに進みました。

H様(奥様)

思いついたことがあれば、時間に関係なく、すぐに清水さんにメールをしていました。どんなときでも即対応してくださったので、逆に申し訳なかったと思っているくらいです。

清水

いえいえ、メールに写真を添付して、こんな感じと送っていただけたのは助かりました。ニッチに関しては、現場で高さの位置・カタチ・幅など綿密に打ち合わせして決めていきましたね。リビングにパソコンを置くカウンターがほしい、玄関のキー置き場やキッチンに小窓・出窓をつけたい…など、設計段階から積極的に要望を伝えていただく方がスムーズに進みます。

H様(奥様)

照明作家の「村松さちえ」さんに直接メールをして取り寄せた紅色の照明が映えるよう、暗い色調の木目風天井に。パソコンのサイズに合わせてつくっていただいたカウンターの壁の「名古屋モザイク」のタイルや、二階の子供部屋の無垢のカラ―ドアなど、取り入れたいものありきで、天井やクロスを後から決めさせていただいたので、思い描いていた通りの空間が完成しました。

清水

本当によく調べておられ、タイルや設備等は商品名や品番まで決まっていましたものね。私どもも勉強になることがたくさんありました。

H様(奥様)

プランを何度も修正したうえ、現場判断でフレキシブルに変更もしていただき、ありがとうございます。何度も打ち合わせを重ねるうちに、娘は清水さんとすっかり仲良しになったみたいで、本当によく遊んでもらいました。長期間にわたる家づくりは住宅メーカーさんとの二人三脚。お人柄のいい清水さんをはじめ、社員さんが素晴らしいエルテオさんにお願いして本当に良かったと思います。

 

とにかく、自分達がどんな暮らしをしたいのか、とことんイメージして最もふさわしい理想を描くことが大事です。コンセントの数、トイレのウオシュレットの位置まで、徹底的に細かく考えた結果、万が一失敗しても仕方がないと諦めがつきますから、自分達が知らないことは納得いくまで質問責めに(笑)。だからこそ、質問や要望にしっかり応えてくれるメーカーさんを選ぶことが重要になってくると思います。またせっかく家を建てるなら、家づくりのプロセスも楽しむべき。限られたメニューの中から選ぶより、自分で探して選ぶ方がはるかに愛着も湧きますよ。

お引渡しの時にご主人様から「いいお家を建てていただいてありがとうございました」という言葉をいただいたときは本当に嬉しいかったですね。お施主様の多岐にわたるこだわりをすべて実現できたことは弊社の誇りでもあり、また今、振り返っても勉強になる、新しいご提案も多々いただきました。パントリーに置かれたミシンやDIYなど、やりたいことはいっぱいあるそうなので、H様の素敵な住まいづくりを楽しみに拝見していきたいと思います。




兵庫県明石市 H様


ご主人34歳 / 奥様32歳 / 長女1歳8ヶ月